【トルコ旅行記】初めてのイスタンブール4泊7日-[1・2日目:成田~ドーハ~イスタンブール]

こんにちは、はやっちです。
旅のPhotoレポート(海外編):今回から2014年に旅した、初めてのトルコ・イスタンブールへの旅行情報です。(※この旅の旅行期間は、2014/07/17 – 2014/07/23 です。)

ずっと前から一度ぜひ訪れてみたかったイスタンブールへ!
ようやく希望が叶い、渡航する機会が到来しました。
予算をケチったので往復カタール航空の格安航空券を利用、おかげで7日間の旅程も現地4泊。しかしながらカタール航空は予想外に快適でしたよ。
カッパドキアとかも行きたかったけど欲張らずイスタンブールのみ4泊なので時間は十分と思いきや… 全然足りませんでした。もっとゆっくり滞在したかったぁ!!!
街には大好きな猫がたくさんいて、そういう意味でもとても癒される都市でした。

成田 → ドーハ(QR807)

【1日目】7/17(木)
成田空港から出発するのは十数年ぶり!?

カタール航空は第2ターミナル「J」カウンターでのチェックインでした。

カタール航空(QR)807便で、まずは乗継地カタールのドーハへ。「J」カウンターでチェックイン後は売店で買い物等を済ませ〜出国審査〜搭乗ゲートへ。

95番ゲート。
ここから、いよいよ機内へ。

エコノミークラスでしたが、各座席にモニターついてました。フライト状況など手元のモニターでチェックできて便利っ!

フライト状況のほかにも、映画や音楽、ゲーム等々メニューが盛りだくさんでした。僕はフライト情報以外は全く観ませんでしたが…
機内食以外の時間は寝てるか、ガイドブックで現地(イスタンブール)の情報収集をしてました。

QR807便での最初の機内食(夕食)です。
前菜(オルゾーパスタ・鮭・大豆とコーンのサラダ)
メイン(タラの切り身蒸しトマト&ケイバーオリーブソース掛け・ローストポテト・豆とベイビーコーンの蒸し物)
デザート(ミックスベリーのムース)
ロールパン
ミネラルウォーター
もちろんビール(ハイネケンだったようです)もオーダーしました!

QR807便の機内の様子です。

この機内で、旅行の
【2日目】7/18(金)
を迎えました。

QR807便での2度目の機内食(朝食)です。
前菜(季節のフルーツ)
メイン(クリーミースクランブルエッグ・ハーブポテト・チキンソーセージ・チェリートマト)
クロワッサン
ミネラルウォーター
オレンジジュースと食後のホットコーヒーもオーダーしました!

ハマド国際空港@ドーハ

カタールのドーハ「ハマド国際空港」に到着しました。

ここからQR239便に乗り継いでイスタンブールへと向かいます。
そのための乗り継ぎ待ち、なんと約4時間半!

ドーハの「ハマド国際空港」は新しく改装されたばかりのようで綺麗でとても快適でした。アップルのインターネットコーナーがありました。ここを使わなくてもターミナル内の無線LANにも当然ながら無料でアクセスできましたよ。

ドーハからイスタンブールへの飛行機(QR239便)のボーディングタイムが近づき、ここ「B7」ゲートから機内へ搭乗します。

ドーハ → イスタンブール(QR239)

これに乗ってドーハからイスタンブールへ。
QR239便に搭乗です。

7:50発/12:20着という4時間半のフライトでしたが、ちゃんと機内食も出ました。

機上からの景色です。雲の上はいつも良い天気。

イスタンブール「アタテュルク国際空港」に到着!
ボーディングブリッジではなく、タラップでの降機で、この後バスで到着ターミナルへ移動。

空港からホテルへ

入国後、到着ロビーの両替所で円→トルコリラに両替しました。

両替を終えた後、到着ロビーを出て、空港シャトルバス「HAVATAS(ハワタシュ)」の乗り場へ移動。ここからバスに乗ってイスタンブール新市街のTAKSIM(タクスィム)というところまで行きます。

HAVATASのシャトルバスチケット。
TAKSIMまで@TL10-(約500円)でした。

TAKSIM(タクスィム)に到着。
空港から乗ってきたHAVATASのバスです。ここからは大きなスーツケースもあるのでタクシーでホテルまで…

TAKSIMから宿泊ホテルConrad Istanbulへ向かうタクシーの中です。
ルームミラーに赤い電光のデジタル時計が埋め込まれていました。

ホテルに着きました!
TAKSIMからはタクシーで10〜15分くらい。
外観からすると、一部リノベーション中のようですね。

フロント周りの様子です。まずはチェックインしてルームキーをもらいます。

チェックインしてルームキーを手にしました。
部屋は7階とのことで、エレベーターで客室へ。

741号室。
この日から4泊お世話になる客室です。

客室のソファとテーブル。
初日だけですがフルーツ盛り合わせが用意してありました。

部屋は必ずしも広々といった感じではありませんでしたが、窮屈感はなく、改装してから時間が経っていないのか小綺麗で快適な雰囲気でした。
キングサイズのダブルベッドでゆったりと身体を休めることができました。

そして客室の窓からの眺め。
ホテル自体が高台にあり、眼下にはホテルからベシクタシュ埠頭までを見下ろすことができ、その先にはボスポラス海峡が…
大きめの窓で開放感がありました。

バスルーム(シャワーブース側)です。
バスタブはありません。

バスルーム(トイレ側)です。

ホテルから徒歩圏内を散策

乗り継ぎ含め約19時間のフライトと、既に夕方で疲れていたけど、せっかくなのでホテルから出て散歩してみることに…
高台にあるホテルから坂道を下ってベクシュタシ埠頭の近くまでくると、名物の屋台でゴマ付きドーナツパン「SIMIT(スィミット)」など売ってました。

イスタンブールといえば、ヨーロッパとアジアを隔てるボスポラス海峡。その2大陸を結ぶボスポラス大橋が船の向こう側に見えます。

ベシクタシュからカバタシュへ向かう大通り(ドルマバチェフ通り)沿いの歩道を歩いています。このあたりだけ街路樹があって歩道も広く歩きやすかった…

猫を発見っ!
この後、いろんな場所で何度も見かけることになります。

明日からの観光で旧市街へ向かうためのトラムヴァイの駅を下見に。「カバタシュ」駅、新市街側の終点です。ホテルからは距離が結構ありました。

カバタシュ駅の改札越しに、ちょうど到着していたトラムの写真を撮りました。なかなか近代的な乗り物のようです。

新市街と旧市街を結ぶトラムヴァイの路線図。念のため写真に収めておきました。

ベシクタシュまで戻ってきて、大通りからホテル側とは反対側の路地に少し入ってみました。オマール貝でしょうか?! どんな料理なのか、買い食いはしませんでしたが…

コンラッドホテルの間近まで戻ってきました。ホテル目の前にある公園にあった銅像です。台座のところに「FATIH SULTAN MEHMET」と刻まれています。

長い散歩からホテルに戻ってきました。約2時間/6.5kmくらい歩きました。疲れた〜
それにしても夜8時を過ぎてもこの明るさ。サマータイム期間中ではありますが…

夕食はホテル近くの酒屋(?)で買ってきた缶ビール「EFES-Pilsen-」と、乗り継ぎ待ちドーハのハマド空港で買ったナッツ(CAMEL「BROAD BEANS」)です。EFES 旨い!
その後はホロ酔いでそのままベッドへ…

これにて1日目~2日目が終了、3日目(後日更新)に続きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする